医療費控除の対象には以外にもマッサージやインプラントも可!

案外、知っているけど利用したことが無い、という方も多いのでは。
私も独身時代には全く利用したことがありません。

病院等で支払った医療費が一定額を超えると、その超過分が返金されるのが高額療養費制度といわれるものです。

平均的な月収28〜50万円の場合は、自己負担限度額は月に8〜9万円程度になりますが、この金額は決して小さくないし戻ってくれば大助かりですね。

それに加えて、助かるのが医療費控除です。毎年1月1日から12月31日までの1年間に本人と生計を共にする配偶者や子供らの医療費を支払った場合、10万円を超えた金額について所得控除ができます。

ただ、少し面倒なのは確定申告する必要があることですが、そのメリットは大きいです。

ここで、この制度を利用するについて意外なものも控除対象になることをご紹介します。ポイントは治療目的であることです。
1、マッサージや鍼灸(治療目的であり、健康維持やリラクセーションではない)
2、インプラントなどの歯科治療
3、ドラッグストアで購入する治療薬や禁煙薬
4、異常が見つかって治療のために受ける人間ドック(以上を感じての受診もOK)
5、出産に関する定期健診や不妊症治療

このように適用範囲は広いです。そして入院、通院のために使用した交通費もOK。

このように利用できる項目が多いのですが、注意しなければならないのが自己負担限度額は「同月内」で合算して計算するので、治療が複数月にまたがれば、それぞれの月内での合計金額になります。

そして、総所得金額が少ない、200万円以下の方は、10万円を超えではなく、「総所得金額×5%」を超えた分が控除対象となります。

前述した歯のインプラント治療は、1本30万円以上はかかると言われていますから、大いに利用したいものです。